風邪の治療

最近治療した風邪の患者さんです。
薬を飲みたくないといらっしゃいました。

*******

昨日の朝起きたらだるくて、熱と寒気がでてきた。
急に寒くなったのに布団をかけずに寝たのが原因か。
夜にかけてひどくなり、昨晩は割れるような頭痛で寝れなかった。
頭痛は今朝はおさまったが、熱が高く、咳、鼻水、関節の痛みがある。
倦怠感が強く、食欲はなく水分だけですごしている。

脈をみると肺の脈だけ弱くてとても感じづらい。
その他は浮いて早くて緊張していて、熱が高いので納得な感じ。
身体をみると肺の経絡の通る前腕の内側だけ力なく筋肉の弾力がない。
関節痛のある首肩、腰などはどこもこわばって滞っている。
こめかみもむくんでいて、頭痛のあとがうかがえる。

まずは寒気の原因の体の芯の冷えを補う。
足の脾経にある三陰交に鍼をして気を補う。
寒気がひと段落して、ハアハアしていた呼吸が落ち着くまでじっと待つ。

そして次は弱った肺に元気を送るために、
手首にある肺経のツボに鍼。
熱のせいで強かった顔の赤みが少し穏やかになる。

次は関節の痛み。
こめかみと首肩は胆経と大腸経を調整する。
腰はなかなかこわばりが取れなかった。
風邪を引く前から硬かった気がする。

熱はまだあるけれど、体が楽になって今晩はちゃんと寝れそう、
最後に首の付け根にある大椎のツボにお灸をして終了。
さて明日の朝はどうなっているか?

翌日はお昼過ぎに来院。
昨晩は良く寝れた。まだ熱が少しあるけれど、朝はおかゆを食べられた。
体がふらふらするのと、寝て起き上がると腰が痛いとのこと。

脈をみて、昨日と同じ肺虚証として治療。
体の元気を補い、腰のこわばりをとる。
治療が終わると、赤味のあった顔色もスッキリ。
お腹がすいたといって帰りました。

******

高熱が出たときはまずは病院ですよね。
鍼灸院ではインフルエンザの検査など、
原因の特定はできないですからね。

でもずっと昔から続く治療法。
お灸と鍼で症状を楽にすることはできるんです。

 

持久戦

治療を仕事にしていると、治せない病気や、

どうにもできない状況を抱えた人もいらっしゃいます。

渡るなんとかどころじゃないなと思うこともあります。

 

そんなとき昔は、何もできない自分を歯がゆく感じていました。

でも時間がたてば風向きが変わることもあります。

急な上り坂がなだらかになる時も来ます。

だからせめて折れないように支えられたら、と思うようになりました。

 

この道に入って17年、まだまだ修業中です。

 

夏の冷え

素足で過ごすことが多くなる季節。

鎌倉ではビーサンが正装みたいになりますね。

 

そんな時に気を付けたいのが足の冷え。

足裏や足首から先は熱いんだけど、

くるぶしの上握りこぶし一個分だけ冷たくなってる人が多いです。

(触ってみて自分の手が暖かく感じたら冷えてる証拠です)

 

そんなときな有名な三陰交のお灸がいいです。

冷えてたところが温まると、全身がほっとします。

 

あとは薄手のレッグウォーマーみたいなもの。

足先は出てていいので、足首の上だけ包みたいです。

 

ビーサンで外出してスーパーに入ると、

冷房の冷たい空気が下にたまってて冷えやすいです。

喫茶店でアイスコーヒーとかも効きますね。

夜寝るときも短パンだと朝足が冷たくなってることもあります。

お気を付けください。。

 

 

8/13(月)~16(木)お休みします

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今年の夏の暑さはスタートから全開だったので、

気持ちが負けたまま過ごしている感じです。

 

8/13(月)~16(木)お盆休みを頂きます。

8/11(土祝)は通常通り診療いたします。

よろしくお願いいたします。

 

※8/12は休む予定でしたが変更しました。

 

梅雨時のからだ

ここのところ治療中に汗をかくひとがとても多いです。

梅雨に入って湿度が高くなると、洗濯物が乾きにくくなるように、

体の中の水気が汗として皮膚から出にくくなるんですね。

鍼で気のめぐりが良くなると、じわーっと余分な水が出てスッキリします。

 

体の中の余分な水気はむくみの原因になったり、体のだるさや冷えにつながります。

なので積極的に汗をかくことが、この時期の養生ですね。

暑くなってきてシャワーで済ますことも増えてきますが、

じっくりと腰湯などいいかもしれません。

 

なお腰湯をするときには水含みが効果的です。

腰湯しながら軽く一口水を含んでおくと、3分くらいでどろっと濃くなった唾液がでます。

それを吐き捨てて2回~3回繰り返すと、最初出にくかった汗がどんどん出てきます。

口の中に水が入っていると、水分補給されてると体が思って余分な水気を排出するようです。

ぜひお試しください!

上履き問題

こどもが保育園で進級して、4月から上履きを使うことになりました。

なんで上履きなのか園から特に説明はありませんでしたが、

いままでは1歳児のクラスなので、よちよち歩きが多かったり、

教室の中も木の床なので上履きは必要なかったのかもしれません。

 

武道をやっていたときもずっと裸足だったので、

小さいうちは裸足で走り回っていればいいんじゃないか?と浅い認識でいましたが、

靴についてちょっと考える機会になりました。

 

そんなときに読んだのがこの本。

「子どもの成長は足で決まる!」柴田英俊著

子どもの足に起きやすい症状がわかりやすくのっていました。

 

裸足だと足にかかる衝撃によって、踵の骨が外側にくの字に曲がってしまうこともある。

かといってサイズの合わない靴を履いてると、靴の中足がずれないように指を曲げる癖がついたり、

先の細い靴や脱げやすいサンダルを履いていると、靴の中で指が浮いてしまったり。

足は重たい体を支える部分なので、その影響は姿勢や歩行と影響が大きいですね。

 

ちなみに良い靴の選び方は

・つま先が広いこと(指の動きを邪魔しないように)

・つま先が少し上がっている事(蹴りだしやすいように)

・かかとがしっかりしていること(かかとが不安定にならないように)

 

そしてサイズを選ぶときはインソールを出してその上に子どもを立たせ、

・横幅がはみ出していないか、

・先端から指先まで5ミリ~1センチの隙間があるか

をチェックするとよいようです。

 

そう考えると自分が子供のころから履いていた先がゴムの上履きはダメですね。

走るとかかとはすぐ脱げるし、つま先は細くなってるし。

みんな当たり前に履いてたから、考えたこともなかったです・・・

 

聖なるちくわ

1週間ほど手違いでホームページが表示されていませんでした。

お休みかと思った方、失礼いたしました。。

 

***

「聖なるちくわ」

良い治療をするにはこうなりなさいと学生時代に教わりました。

 

患者さんを治そうと力むのではなく、

天からの気を流す筒になればいいということでした。

 

それからというもの、気が流れる体になるために色々なことをやりました。

太極拳やゆる体操、立禅を日常的にやっていた時期もあります。

 

目指すのはゆるゆるふわふわの、食感の良いちくわです。

硬いちくわは気の伝わりが良くないのです。

 

トレーニング積んでだいぶ良くなったと思ったら、

こんどは穴の中に何か詰まっていることに気づきました。

(ちくわには穴があった!!)

自分の心の状態、精神状態も気の流れに影響するのです。

 

それからは穴の掃除のために瞑想が日課になりました。

全然気づいてなかったけれど、要らないものがたくさん詰まってました。

 

穴がだいぶきれいになったと思ったら、今度は別の疑問が出てきます。

もっと長くした方が食べ応えのあるちくわになるんじゃないか?

もしかして材料の仕入れ先や魚の種類を変えるなんてこともできるのか??

 

そんなふうに心と体の間を行ったり来たり。

ちくわの開発に果たして終わりは来るのでしょうか?