上履き問題

こどもが保育園で進級して、4月から上履きを使うことになりました。

上履きについて園から特に説明はありませんでしが、

いままでは1歳児のクラスなので、よちよち歩きが多かったり、

教室の中も木の床なので上履きは必要なかったのかもしれません。

 

小さいうちは裸足で走り回っていればいいんじゃないか?と浅い認識でいましたが、

靴についてちょっと考える機会になりました。

 

そんなときに読んだのがこの本。

「子どもの成長は足で決まる!」柴田英俊著

子どもの足に起きやすい症状がわかりやすくのっていました。

 

裸足だと足にかかる衝撃によって、踵の骨が外側にくの字に曲がってしまうこともある。

かといってサイズの合わない靴を履いてると、靴の中足がずれないように指を曲げる癖がついたり、

先の細い靴や脱げやすいサンダルを履いていると、靴の中で指が浮いてしまったり。

足は重たい体を支える部分なので、その影響は姿勢や歩行と影響が大きいですね。

 

ちなみに良い靴の選び方は

・つま先が広いこと(指の動きを邪魔しないように)

・つま先が少し上がっている事(蹴りだしやすいように)

・かかとがしっかりしていること(かかとが不安定にならないように)

 

そしてサイズを選ぶときはインソールを出してその上に子どもを立たせ、

・横幅がはみ出していないか、

・先端から指先まで5ミリ~1センチの隙間があるか

をチェックするとよいようです。

 

そう考えると自分が子供のころから履いてきた先がゴムになってる上履きは、

かかとはすぐ脱げるし、つま先は細くなってるし全然ダメですね。

実際に遊んでてよく脱げたし走りにくかったし。

 

子どもの頃は適応力が高いので気にしないで過ごしてきましたが、

無事に問題のない足に育ってよかったです(笑)

 

 

聖なるちくわ

1週間ほど手違いでホームページが表示されていませんでした。

お休みかと思った方、失礼いたしました。。

 

***

「聖なるちくわ」

良い治療をするにはこうなりなさいと学生時代に教わりました。

 

患者さんを治そうと力むのではなく、

天からの気を流す筒になればいいということでした。

 

それからというもの、気が流れる体になるために色々なことをやりました。

太極拳やゆる体操、立禅を日常的にやっていた時期もあります。

目指すのはゆるゆるふわふわの、食感の良いちくわです。

硬いちくわは気の伝わりが良くないのです。

 

トレーニングしてだいぶ食感の良いちくわになったと思ったら、

こんどは穴の中に何か詰まっていることに気づきました。

(ちくわには穴があった!!)

自分の心の状態、精神状態も気の流れに影響するのです。

 

それからは穴の掃除のために瞑想が日課になりました。

全然気づいてなかったけれど、要らないものがたくさん詰まってました。

 

しばらくして穴がだいぶきれいになったと思ったら、今度は別の疑問が出てきます。

もっと長くした方が食べ応えのあるちくわになるんじゃないか?

もしかして材料の仕入れ先や魚の種類を変えるなんてこともできるのか??

 

そんなふうに心と体の間を行ったり来たり。

ちくわの開発に果たして終わりは来るのでしょうか?