DSC_3263

夏の疲れ

8月も後半に入って、みなさん夏の疲れが溜まってきましたね。

夏場は水分摂取が多くなり腎臓に負担がかかるし、

冷たいものせいで胃腸にも疲れがたまります。

疲れた内臓の周りは筋肉が硬くなるので、腰や背中が張ってきます。

 

そして足を触ると足裏は熱くてもくるぶし周辺が冷えていたり、

お腹や腰を触ると部分的に冷たくて、じとっと湿ってたりします。

体に余計な水分がたまると気の流れが悪くなるので、

タライに熱めのお湯を張って、足湯をするのもいいかもしれません。

僕も鹿児島の温泉で夏の疲れをとってきたいと思います。

 

台風が近づいてますが、飛行機が無事に飛びますように!