DSC_3412

「MY LIFE」

1993年のアメリカ映画、「MY LIFE」。主演はマイケル・キートンとニコール・キッドマン。

先日はじめて治療した患者さんに、この映画を思い出したといわれ気になっていました。

 

若くして末期がんと宣告された主人公が、奥さんのお腹にいる子供にメッセージを残そうとビデオを撮り始める。

それをきっかけに自分の人生を振り返っていく話。

 

そのなかで西洋医学に見放された主人公が、中国人の気功師のもとを訪ねる。

雑居ビルの一室、装飾のない室内、治療用のベットが一台だけ。

音楽はなく、通りを走る車の音が聞こえる。

 

まずは脈を診て体調を言い当てる。古い盲腸のことやガンの場所がわかったりする。

そして先生は一人うなづいて患者に気を送りはじめる。

患者は目をつぶっているのに強烈な光を感じる。

ガンの原因は内に抱えた怒りだと告げられる。

すべてをゆるすことを勧められる。。

 

たしかに治療室の雰囲気も、言うことも似てるかも。

脈診て勝手にひとりで納得したりしちゃうし(笑)

 

自分の治療って自分で受けられないから、いいのかどうかは永遠の謎だけど、

この先生なら診てもらいたいなって思いました。

 

DSC_3063

インドの効用

仕事や子育て、介護などいろんな状況があるけれど、

しんどくなると自分のことが見えなくなってしまうことが多い。

そして自分の考えに縛られすぎて、苦しい方向に自分を追い込んでいたりもする。

 

そのこだわりを手放せば楽になるのに…と傍から見ると思うけれど、

自分の考え方のくせや価値観は、あまりに当たり前すぎて気づけなかったりする。

 

そんなときに瞑想をすると、自分で作っている枠に気づくことができる。

でもそれよりおすすめは「インド行きのチケット」、と翻訳家の島田さん。

こんなこともありなの??という連続で、価値観が相当揺さぶられるとのことです。

 

はまる人が多いのはそういうことかと妙に納得。

インドにちょっと興味出てきちゃいました。。

 

シャロム

7/22(金)、23(土)お休みします

お休みをいただいて、友人が働いている安曇野のシャロムヒュッテに行ってきます。

その友人は今年の夏のあいだ携帯も通じない山小屋で働くはずだったのですが、

小屋の前の川が氾濫して営業見送りになり、今の場所に滞在中です。

その友人は人生そのものが面白いですが、今回もさすがという感じです(笑)

ちょっと早めの夏休みですが、よろしくお願いいたします。

 

(画像はシャロムヒュッテのHPよりお借りしました)

aaa

【からだのーと】

高知の山あいの村で生活する布作家の早川ユミさんが、

呼吸法や気功法、その他お手当てのやりかたを、

やわらかく素敵なイラストと一緒にわかりやすく書いた本です。

 

ユミさんの習っている先生は89歳の中内雅康先生(僕と一字違い!!)。

毎日の呼吸法や気功で20歳は若く見えるそうです。

治療家で短命だといまいち説得力がないので(笑)、僕も一度習いにいこうと思ってます。

 

「畑の野菜を育てるように、からだをていねいに、お手当てすれば、

もっと生き生きと、生きものであるわたしを生ききることができます」

僕も治療をとおして、そんなお手伝いができればいいなと思います。

 

※あとがきにちょっとだけ、鎌倉の鍼灸師のハリーさん出てます。

すぐ木に抱きつく人としてですが(笑)

DSC_2795

発電

初めていらした患者さん。エンジニアをしているとのこと。

 

足のツボに鍼をして、全身に気を巡らせていたら、

「なんか手の先までピリピリと電気流れてますよ。1.8Vくらいですね。」

「発電できるなんてすごいですね!!」

と絶賛していただきました。

 

気功って見方を変えると発電なんですね。

僕としては1.8Vと分かる方がすごいと思いました(笑)

Nさんありがとうございました!

再起動

4月1日の朝、治療の前に突然携帯が再起動しました。

いままで安定していたので、なんだか不思議。

4月に入って人生も治療も再起動というメッセージでしょうか。

 

年末に生まれた子供の事。

そして治療の事。

 

幸せの鍼を打てるようになろうと思います(笑)

 

遠回りすること

鍼治療を学び始めてから丸14年。

直径0.12mmという細い鍼で、人の体に影響を及ぼすにはどうすればいいかずっと考えてきたけれど、

その中の大きな課題が、鍼をどこに、どのくらいの深さで、どんな角度で打つか、ということ。

(人の体って鍼先に比べればすごく大きいから、やみくもにさしてもツボにあたらないのです)

 

そのために勉強会に参加したり、太極拳やったり、瞑想したり、いろんなことをやってきたけれど、

最近ようやくたどり着いた答えはもともと知っているもので、気が付いた時はしばし脱力。。

 

そんなタイミングで見たイチロー選手の対談のことば。

「失敗をしないで、まったくミスなしでそこにたどり着いたとして、深みは出ない。

単純に野球選手としての作品が、いいものになる可能性は無いと思う。

やっぱり遠回りすることってすごく大事ですよ。

無駄なことって結局無駄じゃないっていう考え方がすごく大好きで、

でも今やってることが無駄だって思ってやってるわけじゃないですよ。

無駄に飛びついてるわけじゃないんですけど、後から思うとすごい無駄だったっていうことは、

すごく大事なことだと思う。だから合理的な考え方ってすごく嫌いですよ。

遠回りすることが一番近道だと信じてやってますけどね」

 

本当~にぐるっと遠回りしたけれど、そこに深みがあると信じたいです。

(そういえば、そもそもの人生も遠回りだった…)

IMG_20

花粉症の季節

2月後わりごろ、くしゃみ、鼻水、目のかゆみがひどく出て大変でした。

まだ花粉症ビギナーなので、そうなって初めて花粉症だったことを思い出します。

なので事前に腸内環境を整えるなどの対処法を試したことがありませんし、

花粉症について大きなことは言えません。

 

でも自分の原因はわかっています。

慣れない確定申告の事務処理で体がガチガチになっていたこと、

その間ストレスで甘いものを食べ過ぎていたこと。

ビールとポテトチップスでひどくなるのに止めなかったことです(笑)

 

花粉症は花粉に対するアレルギー反応で目や鼻の粘膜が炎症を起こしている状態ですよね。

なので頭にたまった炎症の熱を取り去ってあげると楽になるし、

体のめぐりを良くして熱が上にたまりにくくすると症状が出にくくなります。

(疲れて元気がないと熱は頭にあがりやすくなります)

 

わかってはいるものの、今年は自分で治療する気力が残っていなかったので、

久しぶりに鍼治療を受けに行きました。

そして全身の滞りをとってもらったらずいぶんとスッキリ。

(人に体を触ってもらうと意外なところの滞りに気づいて良いですね!)

たまにムズムズすることはあっても、晴れた日にマスク無しでも平気になりました。

自分の中ではもう花粉の季節は終わりました。

 

ふだんあまり体調を崩さないのですが、

春になると調子を整えておく大切さを思います。

確定申告が無くなればいいのに!!

 

意至れば気至る

首の痛みの治療をしていた時の事です。

「首のつけねが詰まって気が流れていませんね~」と話しながら鍼をしていました。

そのとき僕は目をつぶっていたのですが、急に目の前が白く明るくなりチカチカしはじめました。

色が見えるのはよくあることですが、今まで何もなかったのに急に見え始めたので不思議に思いました。

 

その事を患者さんに話したら、

「先生に全部おまかせするのも悪いと思って…」

と首に意識を集中して、気が集まるイメージしてくれたそうです。

人が集めた気をビジュアルで感じたのは初めてで、おお~っと思いました。

 

昔から鍼の世界では「意至れば気至る。気至れば血至る」といいます。

意識をしたところには気が集まる、そして気が集まれば血も集まるという意味です。

 

治療では鍼先だったり、離れた場所にある患部だったり、意識する場所を変えて気を集めます。

そして筋肉の弾力や皮膚の状態を手で触って変化を確認します。

 

でも今回は患者さんが気を集めるのをダイレクトに感じられてとても新鮮でした。

面白い体験をさせていただき、ありがとうございました!

 

1/10(日)お休みします

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

休み明けそうそうですが、1/10(日)はお休みさせていただきます。

今回は鎌倉山でスピリチュアル・カウンセリングをしている小川純一さんのところで、

「チャクラ」について勉強してきます。

 

「チャクラ」って何でしょうね?

ツボとか経絡とかと同じく、見えないけど役に立つものなんじゃないかな(笑)

治療にもうまく使えたらいいな~と思ってます。

 

よろしくお願いいたします。