聖なるちくわ

1週間ほど手違いでホームページが表示されていませんでした。

お休みかと思った方、失礼いたしました。。

 

***

「聖なるちくわ」

良い治療をするにはこうなりなさいと学生時代に教わりました。

 

患者さんを治そうと力むのではなく、

天からの気を流す筒になればいいということでした。

 

それからというもの、気が流れる体になるために色々なことをやりました。

太極拳やゆる体操、立禅を日常的にやっていた時期もあります。

目指すのはゆるゆるふわふわの、食感の良いちくわです。

硬いちくわは気の伝わりが良くないのです。

 

トレーニングしてだいぶ食感の良いちくわになったと思ったら、

こんどは穴の中に何か詰まっていることに気づきました。

(ちくわには穴があった!!)

自分の心の状態、精神状態も気の流れに影響するのです。

 

それからは穴の掃除のために瞑想が日課になりました。

全然気づいてなかったけれど、要らないものがたくさん詰まってました。

 

しばらくして穴がだいぶきれいになったと思ったら、今度は別の疑問が出てきます。

もっと長くした方が食べ応えのあるちくわになるんじゃないか?

もしかして材料の仕入れ先や魚の種類を変えるなんてこともできるのか??

 

そんなふうに心と体の間を行ったり来たり。

ちくわの開発に果たして終わりは来るのでしょうか?

 

Posted in 治療について.